フリーエンジニアとして生き残るための能力

エンジニア人口が増えたため、他との差別化を自分で仕掛けていく必要があります。
外資に関連性の高い分野でもあるため、英語を読めない、読めるスタッフがいないというのはこれからの生き残りに勝てるのか?エンジニアとしての成功は年収で決まります。

エンジニアの領域において、通常の企業に勤務しているとプログラミング言語に触れることはあっても、あまり英語に触れる必要がありません。基本的には、日本語によるコミュニケーションと日本語のマニュアルを読んでいくだけで、様々な仕事を行っていくことができます。

しかし、ひとたびフリーエンジニアになると状況が変わります。
各企業が外注する仕事の中には、社内で行おうとすると困難があることから、より特技を広く持ち合わせている可能性が高い、フリーエンジニアへの依頼を考えるということがしばしばあるからです。
もともとエンジニアは英語に長けている人が少ない傾向があり、英語のマニュアルを読みこなして、新しいプログラムを動かし開発作業をするような仕事になると、外注されやすい傾向にあるのです。
そのため、こういった特技を有していることが請け負うことができる仕事の幅を広げるというところにつながります。

また、世界での最新の技術発展を追っていくためにも語学力が必要になります。
企業では、そういったニュースを日本語訳してくれている場合もありますが、フリーランスをしている場合にはそういった情報は自力で入手しなければなりません。
そのためには、アメリカなどのニュースを見て論文を読んで理解できることが必須になるのです。
そういった、直接専門の仕事とは関係のないように見える能力を身につけることが、フリーエンジニアとして他者と競争していくことには重要な役割を果たします。